コンテンツ

トイレの蛇口からの水漏れを発見した場合の対処法

トイレのトラブルの1つが手洗い蛇口からの水漏れです。他の場所からの水漏れのように床が濡れるといったことはなく、知らない間に静かにぽたぽたと落ちているためなかなか気づきにくい場所の1つです。
各トイレによっても違いはありますが、タンクに手洗い用の蛇口が付属されているものとトイレの壁に別に手洗い場を備えているトイレと大きく分けて2種類あります。それぞれ仕組みが違い、水漏れの原因や対処法も異なります。

■手を洗うだけではない手洗い管の役割

手洗い管とは、トイレのタンクに直接備え付けられている蛇口のことで、トイレを使用後レバーを動かすたびに水が流れ出てきます。タンクの中の水を利用して手洗い場として設けられているものです。手洗いの用途以外にも便器で排水した分の水をタンク内に補充するという役割があります。
また、便器を清潔に保つために芳香剤を置く場所として使用する人も多いです。タンクと連動して動いていて、水漏れしたり手洗い管の目詰まりなどが原因で水が出なくなることもあります。構造が複雑なため素人では修理が難しい場所です。

■手洗い管での水漏れを見つけた場合

トイレタンク内の水量の調整や清潔に保つために大切な役割を持っている手洗い管ですが、トイレと同様に水漏れなどのトラブルが起こる場合があります。水を流し終わった後でも蛇口から水が流れ続ける場合には水漏れが起きているかもしれません。放っておくと水漏れ 修理が必要になってしまいます。
トラブルを発見したときに、はじめにタンクの中の水を抜くことです。空にするためには大のレバーを引いて水を流します。そうすることで中にあった水が流れて空になります。このときに注意するべきことがあります。水の元栓を開いたままにしておくと、中に水が補充されてしまいます。必ず元栓を閉めましょう。タンク内を空にすることで、原因がわからずに業者へ依頼した場合でもスムーズに修理に取りかかれます。

■まとめ
手洗い管は水洗トイレを清潔に保ち、タンク内の水の量を一定に保つ上でとても大きな役割を担っています。しかし、日々の使用で部品の劣化や破損が原因での水漏れを起こすこともあります。
その他にも、水垢などの蓄積で中のフィルターや管の詰まりが原因で水が出なくなるというトラブルにつながることもあります。自宅トイレの手洗い場で水漏れかな、と思った場合には水の元栓を閉め、タンクの中を空にし、点検や修理を依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ