コンテンツ

トイレのタンクでの水漏れの発見ポイント

日常的に当たり前のように使用しているトイレですが、日に何度も使用することによって水漏れのトラブルが起きやすい場所の1つです。
トイレ 水漏れでは特に便器のひび割れが原因であれば、床が濡れることですぐに気づけますが、タンクでの水漏れはトイレトラブルの中でも気づくことができません。だからこそ、トラブルに気づけるかどうかが大事になってきます。すぐに気づくことができれば被害を最小に抑えられます。

■トイレタンクの仕組み

タンクの付いているトイレでは、タンク内に溜まった水を使用して便器から下水へ流します。溜まる水の量は一定に保たれていて、流すときに選択する大、小のレバーやボタンで流す水の量を調整します。そして流し終わるとまた自動的に水が補充されるという仕組みになっています。
普段はなかなか見ることのないタンクの中ですが、一定の水圧や水量を保つためにさまざまな部品が設置されています。多くの水漏れの原因は中に設置されている部品の劣化や破損によるものが多いです。しかし、知識のない人では中の構造が分からないため、原因を見つけるのは難しいです。

■タンク内での水漏れの見極め方

トイレタンクの修理を依頼する人の多くは、原因は分からないけれど、何か異常を感じて専門業者へ依頼するケースが多いです。その小さな違和感や異常を見逃すと、大きな出費や工事に日数がかかってしまい日常生活にも支障をきたしてしまいます。
タンクの異常に気付くポイントはいくつかあります。1つ目はの水位です。トラブルが発生すると水位に変化が起こることが多いです。通常の水位よりも高くなっていたり、逆に低くなっている場合には水漏れの可能性が疑われます。
2つ目は、座面に座ったときにちょろちょろと水の音が聞こえる場合です。使用した直後であれば水を溜める音が聞こえても異常ではないですが、時間が経過しているのにも関わらず水の音がする場合には要注意です。
3つ目は、水道料金の高騰です。タンク内での水漏れが続くと常時水が流れているため水道料金が上がります。いつもよりも高騰している場合にはトラブルを疑いましょう。

■まとめ
タンクの中での水漏れは比較的に気づきにくいトラブルの1つであり、中の構造が複雑なために素人では修理が難しい場所です。生活には欠かすことのできないトイレだからこそ、水道料金の高騰や工事に時間がかかるなどの生活に支障をきたす前に、小さな異常でも発見した場合にはすぐに業者へ連絡しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ