コンテンツ

トイレの排水管での水漏れトラブルの対処法

トイレの水漏れトラブルの中でも、一番わかりやすいのが排水管 水漏れです。床や便器の回り、タンクの下などが水浸しの状態になることで発見される場合が多いです。少量の水だとさっと拭き掃除で済むこともありますが、トイレの床一面に広がる水浸しのときには、下の階への影響なども出てきます。被害が広がる前に点検修理を依頼することをおすすめします。
依頼する前に自分でもできるセルフチェックや水漏れ箇所の特定方法などがあります。修理まではできなくても水道管や排水管などのチェック方法を知っておくと冷静に判断できます。

■トイレの床の水漏れをチェックする

トイレの床が濡れているときには、慌てずにどこから漏れているのかを確認します。一番簡単な方法は、一度床の水を拭き取り、新聞紙やタオルなどを床に敷き、そのまま少し時間を置きます。数時間経過したら、トイレの様子を見てみましょう。ここでチェックするのは、タオルや新聞紙のどこが一番濡れているかという点です。一番濡れている箇所周辺で水漏れが起こっていることが分かります。
便器周辺で目立つときには、便器にひび割れが疑われます。タンク下や排管周辺の濡れが目立つときには排水管の破損や接続部分の劣化などが考えられます。どこの部分が一番濡れているかが分かるだけで原因が特定しやすくなり、修理の連絡依頼をするときにも伝えやすくなります。

■自分でできる修理とできない修理

トイレでの水漏れを発見し、原因の特定ができたときにまず判断すべきは、自分で直せるトラブルなのか、修理の依頼が必要なのかです。今ではホームセンターで購入できる部品が多くあるため、素人でも修理ができるようになりました。その一方で、自分で修理した結果、余計にひどくなったり、思うように水漏れが治まらないこともあり、最終的に手が付けられなくなるといったケースもあります。
結露が原因の水漏れは、換気や結露テープなどで修理できます。タンク周辺や便器のひび割れは、交換が必要なこともあるので専門業者に連絡しましょう。配管や排水管が原因と思われるときには、一度止水栓をドライバーで締め、それでも止まらない場合には部品の劣化や故障が原因が多いので迷わず業者へ連絡しましょう。

■まとめ
毎日使用するトイレは劣化も早くトラブルが起こりやすい場所です。特に排水管などの目に見えない場所でのトラブルは傷が分かりにくく、自分で修理することは難しいです。
しかし、水漏れ箇所の特定や原因を自分で調べるだけでもスムーズに修理や工事につなげることができます。慌てずに原因を特定し、不安な場合には業者へ連絡しましょう。 

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ